スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア参加希望者Q&A

いわき市勿来地区災害ボランティアセンターは5月20日をもって活動を休止しました。

いわき市でのボランティア活動を希望される方は、いわき市災害救援ボランティアセンターのサイトをご確認ください。


ボランティア活動参加を検討される際は左側にある「作業参加者募集」をクリックし当センターの「ボランティア募集要項」もご覧ください。


活動内容について

Q:多く寄せられる要望(ニーズ)はなんですか
・津波の被害を受けた家や周辺道路等の泥のかき出し
・倒壊した石垣、ブロック塀、落ちた瓦の片付け
・災害ごみの集積所への運搬
・家財道具など大切なものの取り出し
・津波で床上浸水した家の清掃
などが多く寄せられています。
※4月22日現在


団体・グループでの参加について

Q:団体・グループでまとまって行きたいのですが
お電話などでのお問い合わせ状況から今後、多数の活動希望者がいらっしゃると予想しております。申し訳ございませんが、当センターでは大型バスや25名をこえる多人数で活動をご希望の団体・グループの新規受け入れはお断りしております。(5/7変更)


Q:数名で参加したいのですが、グループでまとまって活動させてもらえますか
受付していただいた後、作業班を決める段階でスタッフへグループでまとまって活動したい旨お伝え下さい。
出来るだけ調整させて頂きますが、作業内容によってはご希望に添えない場合がありますのでご了承下さい。


センター運営時間や期間について

Q:受付開始時間は何時ですか
毎朝午前9時からです。受付開始30分前にセンターへ到着するように調節してお越しください。ご協力お願いします。(5/9修正)

Q:受付開始時間より前に着いてしまうのですが
午前8時半には門を開けます。門が開く前に周辺で待機するのはご遠慮ください。車でお越しの際は途中で休憩を入れるなど時間調整をしていただくようお願いします。(5/9修正)

Q:受付開始時間に間に合わないのですが
受付開始から時間を大幅にすぎてお越しいただた場合、作業がないことがございます。(5/9修正)

Q:雨天中止と聞いたのですが
雨天の予報でも当日雨が上がった場合は、作業を再開する為にボランティア受付を行っています。しかしながら、雨天時の作業は困難な場合が多く、安全、衛生面を考慮し、作業の中断がありえます。また、ボランティアを依頼いただいた方に同行をお願いすることができませんので活動件数が少なくなります。そのため、天候によってはお越しいただいても活動を紹介できない可能性がありますので、ご了承ください。

Q:毎日運営していますか
5月9日以降は毎日の運営ではなくなります。
詳しくは「9日以降のボランティア受付予定について」をご覧ください。(5/9追加)

Q:いつまで運営していますか
5月20日まで運営しております。
詳しくは「9日以降のボランティア受付予定について」をご覧ください。(5/9変更)


募集地域・活動地域について

Q:県外からボランティアに行きたいのですが
勿来地区災害ボランティアセンターでは県外からのボランティア受け入れを行っています。ただし、自宅や宿へ日帰りできる方に限らせていただいております。

Q:いわき市の知人の家族が困っていると話を聞いたのでボランティアに行きたい
勿来地区であれば、準備を整えてぜひお越しください。募集要項はこちらです。
ボランティアに行きたい地域が勿来地区以外であったり勿来地区かどうかわからない場合は、いわき市災害救援ボランティアセンターへお問い合わせください。


持ち物について

Q:ボランティアの活動で必要なものはありますか
ボランティア活動のための道具はある程度の数用意してありますが、連休などでたくさんの方に来ていただいた場合、足りなくなると予想されます。できるだけ募集要項に記載のある道具をご準備頂くようご協力お願いします。また、所持品管理や食事は、自己管理・自己完結でお願いしております。ゴミ袋を持参いただき食事のゴミ等はお持ちかえりください。

Q:アスベスト対策の準備はどうしたらよいですか
防じんマスクをご用意頂き、必ず正しく着用していただくようお願いしております。地震や津波被害により倒壊した建物や土砂を重機を使っての撤去作業が行われています。そうした作業中には大量の粉塵が発生しますが、その中にアスベストが含まれている可能性があります。当センターでは、市の解体作業実施状況の情報収集を行い、その結果をもとに解体作業を行っている地域へのボランティア派遣を控えておりますが、解体作業が行われていない場所においても、人の手で運搬している際に、落として割れてしまったり、風で粉塵が舞うなどの可能性もあります。
参考サイト:(社)安全衛生マネジメント協会から「災害ボランティアの方へ防じんマスク着用のお願い」

Q:物資の支援で何か持って行ったほうがよいものはありますか
当センターでは現在、個人からの支援物資の受け入れは行っておりません。各地から支援いただいた物資はある程度蓄えができており、センター運営に必要な設備も最低限整っております。幸いにも地域の物流は回復傾向にありますので、必要な資材はできるだけ現地で調達し、地域経済回復に協力するよう努めております。


宿泊・野営について

Q:日帰りが難しいのでホテルや旅館を紹介してほしい
日帰りをお願いしておりますので、宿泊先のご紹介はいたしておりません。ホテル、旅館の中には営業を再開した所もありますので、ご自身でお調べいただいてお問い合わせください。また、近隣の市町村で被害の少ない地域では、いわき市より復興が早く、復興の手助けをしたいと考えている宿もあると聞いております。そういったボランティア支援を行っている宿を見つけていただき、ご利用いただくという方法もあります。いわき市近郊の経済は復興に向けて歩み始めておりますので、被害の大きい地域周辺へ配慮いただいた上で可能な限り利用するといった形で、地域経済への応援もお願いしたいと思います。

Q:いわき市に住んでいる知り合いの家に泊まる予定で来てもよいですか
ご実家、ご親戚、ご友人のお宅がいわき市にあり、宿を貸してもらえる方は、ボランティアに行くことを告げて宿泊の許可を得てください(けして押しかける様なことにならないようご注意ください)。

Q:テント泊や車中泊して連日活動したい
もし、野営する準備が整っているというのであれば、日帰りできない被害の大きい地域のボランティアセンターへもお問い合わせください。今回の大震災後、交通が回復していない地域で困っている方がたくさんいます。私たち地域住民はまず足元から復興させるべく動いていますので、今、他の地域を助けたくとも駆けつけることはできません。大きく動ける準備のある方にはぜひ、そういった地域の助けに入っていただきたいと考えております。

Q:それでもどうしてもテント泊や車中泊したい
勿来地区はいわき市の中でも一番南側であり、お隣、北茨城市から関東になります。内陸などの地震被害の少ない地域や津波被害のなかった地域からの日帰りは十分可能である場所です。くわえて、当センターは津波被害を受けた地域に隣接しております。本部及び周辺地域含めて、当センターで活動されるボランティアの皆さんのテント泊、車中泊等の野宿は治安及び衛生上、ならびに土地利用条件により禁止とさせていただいております。なにとぞ地域住民の感情にご配慮頂いただき、ご遠慮いただくようお願いします。


移動方法について

Q:センターがある場所の地図はありますか
下の地図をご覧ください。

ボラセン地図 
詳細な地図(グーグル地図)はこちら

Q:乗用車や、公共交通機関で行けますか?
いわき市は、常磐自動車道、磐越自動車道が早期に復旧し、速度制限はありますが現在も通行でます。
また、JR常磐線は臨時ダイヤではありますが運行しております。

Q:高速道路を使って行く場合はどうすればよいですか
いわき勿来インターチェンジで降り、料金所出口を右に曲がると、国道289号線に乗ることができます。そのまままっすぐ東に進み、国道6号バイパスにぶつかる丁字路で左に曲がり北進し3分程度で「福島トヨタ」の看板がある「鵜の巣」交差点が見えてきますので、そこを右に曲がります。次の交差点で、中央の道を進みます。(黄色いセンターの看板があります)左手の大きな空き地の中に本部プレハブがあります。

Q:東京駅からいわき行きの高速バスで行く場合はどうすればよいですか
いわき勿来ICで下車し、タクシーで
(株)クレハ 鷺内(さぎうち)社宅跡
いわき市勿来地区災害ボランティアセンター

までお越しください。(移動時間:約20分)
※高速バスの到着時刻は一番早い便でも受付開始後になりますので、受付を終了している可能性があります。(4/30追記)

Q:電車で行く場合はどうすればよいですか
JR常磐線、臨時ダイヤ運行の各駅停車でJR勿来駅で下車。
※臨時ダイヤでは高萩以北の特急の運行はまだ復旧しておりません。
徒歩(移動時間:約40分)またはタクシー(移動時間:約10分)で
(株)クレハ 鷺内(さぎうち)社宅跡
いわき市勿来地区災害ボランティアセンター

までお越しください。


問い合わせ先について

Q:センターがある場所の住所を教えてください
〒974-8232
福島県いわき市錦町原田148-1
(株)クレハいわき事務所 鷺内社宅跡
いわき市勿来地区災害ボランティアセンター

Q:センターの電話連絡先を教えてください
総合窓口TEL:0246-63-5055(9時~16時)
※現在、お問い合わせを多数いただいており、つながりにくくなっております。お時間をおいておかけいただくか、直接センター本部へお越し下さい。ご説明させていただきます


Q:センターのFAX番号を教えてください
FAX:0246-63-5056(24時間受付)

Q:センターのメールアドレスを教えてください
申し訳ございません。内部連絡用に利用しておりますので公開を控えております。
スポンサーサイト
メニュー
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
支援していただいた方々
ボランティアセンターを立ち上げてから、多くのご支援を頂いております。ありがとうございます。
ご支援頂いた方をご紹介させて頂きます。順不同です。

前田株式会社様・ホールアース様・シャプラニール様・宇部市役所様・復興支援うべ様・佐藤マタニティクリニック様・平競輪場様・内山様・伊藤園様・レジナス化成様・民主党本部様・静岡THK様・吉野倉庫様・災害救援ボランティア推進委員会様・成田からのお越しの方・大阪在住の方・静岡在住の方・絆プロジェクト&Ace’s様・ボランティアでお越しになった方・アレルギー支援センター様・宮田様・青柳様・池田様・国井真波様・いわきNPOセンター様・うつくしまNPOネットワーク様・いわき市役所様・勿来ひと・まち未来会議様。
他、更新中です。

被災された方からのニーズ調査をもとに、支援物資を届けさせていただいております。

被災地のニーズは刻一刻とかわっております。 物資支援して頂ける際は、事前にご連絡頂けるますようよろしくお願いいたします。
連絡先

勿来地区災害ボラセン

Author:勿来地区災害ボラセン
 
◇ボランティア参加者窓口◇
ボランティアに参加したい方のお問い合わせ先は
「作業参加者Q&A」
をご覧下さい。

◇要望受付窓口◇
ボランティアにお手伝して欲しい方の問い合わ先は
「要望受付」
をご覧下さい。

本部住所
〒974-8232
福島県いわき市錦町原田148-1
(株)クレハ いわき事務所
鷺内社宅跡
活動支援金 受付窓口
東邦銀行 植田支店(607)
(普)1284926
口座名 舘  敬

常陽銀行 植田支店(025)
(普)1347903
口座名 いわき市勿来地区災害
    ボランティアセンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。